読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、ねてました。|映画感想ブログ

ねてたのけっこう映画みる生活

最近の記事一覧

これ、おもしろいよ!『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』

f:id:netetaa:20150202181107j:plain:w400

作品紹介(映画.comより) 現代社会で共同生活を送るバンパイアたちの楽しい日常を、俳優たちの即興演技とモキュメンタリー形式を取り入れて描き、トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門やシッチェス映画祭などで観客賞を受賞したニュージーランド製ホラーコメディ。ニュージーランドの首都ウェリントンで一緒に暮らすバンパイアのビアゴ、ディーコン、ブラド、ピーターは、毎晩のように歌い踊ったり行きつけのパブで遊んだりと楽しい毎日を過ごしていた。ある日、ピーターが人間の大学生ニックにうっかり噛みついてバンパイアに変えてしまう。しかもニックが人間の親友スチューをシェアハウスに連れてきたことから、大騒動が巻き起こる。映画「ホビット」とのコラボで話題を集めたニュージーランド航空の「壮大すぎる機内安全ビデオ」で監督・出演を務めたタイカ・ワイティティと「メン・イン・ブラック3」などに出演したジェマイン・クレメントが共同監督。主人公のバンパイア役で出演もしている。

なんばパークスシネマのポイントカードが新しくなって、旧カードのポイントが2月で失効しちゃうってんで、慌てて行ったらこれがやってたんで観ました。笑えるホラーは大好物ですし、大きく外すことはないだろーという計算です。



結果としては、悪くない、というか、かなーりおもしろかったですよ!観てみると笑えるホラーというよりも、ホラー風味のコメディでしたがどっちにしろ大好物なのでした。よかったところを4つ挙げたいと思います。


モキュメンタリー要素がいい

f:id:netetaa:20150227191651j:plain:w400
一応取材クルーがいて、ヴァンパイアの生活に密着して撮ってるっていう設定なんですけど、クルーは場面によって都合よく空気みたいな存在になってて便利です。終盤のそれを逆手に取った展開もうまいなーと思いましたね。
ヴァンパイア達が生真面目にカメラ目線でしゃべるのも間抜けでいいです。


ちゃんと血が出てるのがいい

f:id:netetaa:20150216182651j:plain:w400
レイティングがPG12だったので、ゴア描写がないことはわかってましたし期待してなかったんですが、観てみると意外とちゃんと血も吹き出てるしよかったです。やっぱり血は出た方がいいです。


吸血鬼あるあるが豊富なのがいい

f:id:netetaa:20150227182749j:plain:w400
不老不死、棺桶で寝る、空飛べる、鏡に映らない、太陽の光がダメ、銀もダメ、十字架苦手、にんにく嫌いとかみんな知ってる吸血鬼設定が随所に詰め込まれててたのしい。特に、招かれないと建物の中に入れないっていう謎設定で飲み屋に入れなくて困るシーンには笑いました。


みんな仲良しなのがいい

f:id:netetaa:20150219182505j:plain:w400
↑飲み会後にみんなで
いろんな個性のヴァンパイアが共同生活してるんで、意見が合わなかったりでいがみ合ったりもするし、特にKYな新入りとその友達のスチュー(人間の男、超かわいい)が来てからは引っ掻き回されて珍騒動連発なんですけど、けっきょく最後は「俺たちみんな仲良しだよねー!イェー!」ってなってホッコリします。



というわけで自分はとても面白く観ました。キャラがとにかく立ってて、こうやって思い出しながら書いてるとまたあいつらに会いたくなってきます。続編やらないかなー(´∀`*)



↑この映画のブルーレイ。


キャビン スペシャル・プライス [Blu-ray]

キャビン スペシャル・プライス [Blu-ray]

↑ここ数年で断トツのホラーコメディ。大好きです。


↑コメディ寄りのホラーと言えばこれですよね。このバージョンは吹き替えが付いてるってことで即買いしました。