読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、ねてました。|映画感想ブログ

ねてたのけっこう映画みる生活

最近の記事一覧

これが戦争のある世界『アメリカン・スナイパー』

f:id:netetaa:20150318180650j:plain:w400

作品紹介(映画.comより) 「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。イーストウッド監督とは初タッグのブラッドリー・クーパーが、主演兼プロデューサーを務めた。

イーストウッド監督最新作ということで、観てきました。どうもアメリカでは記録破りの大ヒットらしいんですけど、いざ、どういう風におもしろい映画なのかを説明しようとするとすごく難しいなーと思っていて。なぜかと言うと、この映画って、あんまりおもしろがれない作りになってるから。イラク遠征の場面では敵も味方もただ死んでいくだけで、敵を倒すことの爽快感みたいなものはほとんどゼロですし、帰国後のPTSDについても本人がわかりやすく悩んだり葛藤したり、そしてそれを克服していく場面もなくて、安易にカタルシスを得たり、感動したりできない作りになってるんですね。要は「おもしろかったね」とか「あそこ感動したよね」とかの、一言で消費できないようになってる。



f:id:netetaa:20150320065022j:plain:w400
でも、それこそがこの映画のいいところというか。全体をフラットに描いているからこそ戦争のある世界という事実をそのままに感じることができますし、観る人によって、戦争について、クリス・カイルという人物について、そして終盤のある展開について、いろんな考えが噴出してきて 、そしてそれを人と議論したくなるところがおもしろいところなのかな、と。



f:id:netetaa:20150319194739j:plain:w400
とはいえ、イーストウッドが言いたいことはクリス・カイルの奥さんタヤの「戦争と無関係でいられる人なんていない。いつか心を蝕まれる。」(うろ覚え)というセリフに表れてるのでしょうし、主題がわかりにくい映画ではないと思います。



f:id:netetaa:20150319195328j:plain:w400
そうそう、実はブラッドリー・クーパーの演技ってこれまであんまり好きじゃなかったんですけど、今回の伝説野郎は大幅に増量した役作りもあって、すごくよかったです。自分でプロデュースもしてるし気合が違ったのかもしれませんね。がんばった!



↑この映画のブルーレイ。


↑さいきん観たイーストウッド監督作。めちゃくちゃおもしろいのでオススメ。