読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、ねてました。|映画感想ブログ

ねてたのけっこう映画みる生活

最近の記事一覧

どこまでほんとなの?『アルゴ』感想

映画感想

f:id:netetaa:20130404221541j:plain:w500

作品紹介(映画.comより) 「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」「パール・ハーバー」のベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描くサスペンスドラマ。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリカ大使館を占拠する。52人が人質になるが、混乱の中、6人のアメリカ人が自力で脱出。カナダ大使の自宅に身を潜める。CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデスは、6人を安全に国外へ脱出させるため、大胆不敵な作戦を立案。「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようとする。12年度・第85回アカデミー賞で7部門にノミネートされ、作品賞、脚色賞、編集賞の3部門を受賞した。

劇場公開時はスルーしてしまいましたが、前作の『ザ・タウン』がかなーりおもしろかったベン・アフレック監督作であり、アカデミー賞作品賞までとってしまったので、これは観ておかねば!と期待して借りてきましたよ。




f:id:netetaa:20130404221121j:plain:w500
作品賞おめでとー!やればできる子だと思ってたよ!(えらそう)



率直に言っちゃうと、かなーりおもしろかったです!不勉強にも今回の映画が扱っているイランのアメリカ大使館人質救出作戦についてぜんぜん知らなかったので、CIAがハリウッド内部の協力者を頼ったりとか、実際にプロダクションを立ち上げて、マスコミを招いて映画製作記念パーティーを開いちゃったりとか、ほんとにこんなことがあったのか!!って感じですごくおもしろく観れました。



f:id:netetaa:20130404182813j:plain:w500
ハリウッドとCIAが共闘!実話なだけに燃える!



中盤まではそんな感じで素直にたのしんでたんですけど、終盤になるともうこれでもかというくらいハラハラドキドキ展開の乱れ打ちで、とても映画的でたのしいんですが、「めちゃくちゃおもしろいけど、どこまでほんとなんだ…?(・ω・`)」とさすがに懐疑的に観てました。ちなみに観賞後に映像特典で関係者の証言をみたところ、案の定おもしろくし過ぎでしたよ!ベン・アフレックこのやろー!



f:id:netetaa:20130404205936j:plain:w500
空港での民兵との攻防。実話にしてはおもしろすぎるぜー!



あとこれはスタッフロールで流れる当時の写真を見ていて思ったんですが、1979年当時の服装や髪型、背景の細かいとこまでこだわってるのがわかって、そのあたりにちゃんと真実味と説得力があるから脚本がこれだけ盛り過ぎなくらいに盛っててもバカバカしい印象になってないんだろうなーと。そういうとこって大事よね(・∀・*)



f:id:netetaa:20130404214649j:plain:w500
知らないけど当時のイランはこんな感じだったんだろうなー知らないけど。



まとめるとめちゃくちゃよく出来てるとは思わないけど単純にすっごくたのしい映画って感じで、自分はかなり好きでしたよ。おすすめ!



アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
アルゴブルーレイ&DVD (2枚組)(初回限定版) [Blu-ray]
映像特典のインタビューやドキュメンタリー番組も興味深いです。



ザ・タウン 〈エクステンデッド・バージョン〉 [Blu-ray]
ザ・タウン 〈エクステンデッド・バージョン〉 [Blu-ray]
かなーりおもしろいベン・アフレック監督作。ジェレミー・レナーが怖いです…



英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]
英国王のスピーチ スタンダード・エディション [Blu-ray]
アカデミー作品賞取ってて、実話なのにすごく映画的でおもしろいってことで、自分はこれを連想したりしました。