読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、ねてました。|映画感想ブログ

ねてたのけっこう映画みる生活

最近の記事一覧

エピローグに納得いかない件『オブリビオン』感想

f:id:netetaa:20130630100356j:plain:w500

作品紹介(映画.comより) トム・クルーズ主演、「トロン:レガシー」のジョセフ・コジンスキー監督によるSFアクション。スカヴと呼ばれるエイリアンの攻撃により地球が壊滅し、生き残った人類は遠い惑星へと移住を余儀なくされる。最後まで地球に残り監視任務に就いていたジャック・ハーパーは、ある日、墜落した謎の宇宙船の中で眠っている美女を発見。彼女を保護したジャックだったが、そこへ現れたビーチと名乗る男に捕らわれてしまう。ビーチはジャックに驚くべき真実を告げ、そのことからジャックと地球の運命が大きく動き始める。脚本に「ディパーテッド」のウィリアム・モナハンや、新「スター・ウォーズ」も手がけるマイケル・アーントらが参加。共演にオルガ・キュリレンコモーガン・フリーマン

『トロン・レガシー』のジョセフ・コシンスキー監督の新作ということですが、トロンのお話としての出来を考えると正直あんまり期待はしてなくて…(トロンについてはそれでも独特の映像美やダフト・パンクの音楽力がとても魅力的だったのでトータルとしては好きですが)。できるだけハードルを下げつつ観に行ってきましたよ。




f:id:netetaa:20130630115951j:plain:w500
ビジュアル面には力を入れているもよう。




率直な感想としては、おもしろくなかったです。以上。




としたいところなんですがこれではついったーに書いたのと一緒なんで、いくつか自分が微妙に感じた箇所を書いておきますね。



話が下手

話運びが下手です。たとえば中盤に主人公ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)はある男ビーチ(モーガン・フリーマン)と出会い、それまで信じていた世界がまったく違うものだったことに気づきます。そこでそのある人物から共闘を持ちかけられるわけですが、そこはまあまあみたいな感じで別れてしまいます。そこからかなり長い時間ある人物は画面上に出てこないので、あの話はジャックの中でどうなったのかなーとずっともやもやしてしまいます。あそこからはもっと物語のテンポを上げた方がいいんじゃないでしょうか。
あとこれは場面自体はどうでもいいところですが、自分たちが(ドローンを管理することで)守っている採水プラントの1基が爆破されるという事件が起こった際、一旦「これはやばい…」みたいな顔をしてみせてパトロールに行くものの、すぐに忘れて自分のお気に入りの場所に昼寝しに行くところなど、こいつは何考えてるんだ?と思わざるをえず主人公への感情移入の妨げになっています(-ω-;)



f:id:netetaa:20130630114944j:plain:w500
ここからラストに向かって急激に物語が展開したりしない。




リアリティ不足

SF作品だからこそ、その世界観にしっかりとリアリティを持たせなければならないと思うんですよね。ジャックや相棒のヴィカ(アンドレア・ライズボロー)が居住してるタワーなんかはフューチャー感がありつつよくできてると思うんですけど、“異星人”スカヴの描かれ方が杜撰。普段何を食べてどんな生活をしているのかが全く描かれないので、彼らの存在にリアリティが感じられず、どうでもよくなってしまいます。その上彼らはほとんど説明台詞しか吐かないので、感情もあまり伝わってきません。



f:id:netetaa:20130630120558j:plain:w500
タワー内部とかはかなり凝ってると思うんだけど…







※ここから先はどうしてもネタバレしてしまうので読みたくない人は引き返して!若干『デジャヴ』のネタバレもしてます。







敵がバカすぎる

終盤になると人類の本当の敵であるテットという物体が出てきて、どんな風に地球を侵略し、支配してきたのかが説明されます。そこでジャックとヴィカのクローンが大量生産されていて、地球侵攻時の兵隊として、また侵略後は地上の監視役として利用されていることが判明します(主人公はこの監視役です)。クローン達はどんな風に操られているかというと、前者は明らかに地球人を敵だと認識し攻撃しています。しかし後者(主人公)は生き残った地球人をスカヴという得体の知れない異星人だと思い込まされていて、それにより駆逐せねばならぬ存在だと認識しているわけですが、これってスカヴ(地球人の生き残り)が常に変なスコープを着けてて得体の知れない感じがするから成り立ってるだけじゃないですか?現に主人公はスカヴに捕えられ、彼らの素顔を見て「あれ?異星人じゃなくね?」ってなってしまってるわけで。なんでテットがこんな不確定要素の多いことをするのかわかりません。バカなんでしょうか…
またこれは誰もが感じることだと思いますが、ラストそんな簡単に爆弾持ち込まれてんじゃねーよ!バカ!ヽ(*`д´*)ノ





エピローグが不快

クライマックスで主人公のジャックがテットの内部で自爆し、テットを破壊。場面は変わって数年後、妻ジュリアには主人公ジャックの子どもができていて…。と、ここまではぜんぜんいいんですが、あまつさえその妻と息子の前に死んだ主人公とは別のジャックのクローンが現れて、なんかよかったね!みたいな感じで終わっちゃうんですよ…。これはもう好みの問題なのかも知れませんが、わたしはこういう終わり方は大嫌いなのですよ。えっ、そのジャックってさっきまで頑張ってた主人公のジャックとはまったくの別人ですよね…としか思えないというか('A`) 観終わったあとトニー・スコット監督の『デジャヴ』を思い出しました。



f:id:netetaa:20130630114505j:plain:w500
この時のジャックとは違うじゃん…



こんな感じで自分はあんまり好きな感じじゃなかったですが、見た目はすごく凝ってますしトムはあいかわらず頑張ってた(何歳の設定なの?)ので人によっては楽しめるかも知れません。オススメはしませんけど(・ε・`*)





トロン:レガシー ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
トロン:レガシー ブルーレイ(デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]
ジョセフ・コジンスキー監督の前作。お話は微妙ですが他には無い映像が観れるしダフト・パンクの曲が聴けるのでかなり好きですΣd(´∀`)



デジャヴ [Blu-ray]
デジャヴ [Blu-ray]
トニー・スコット監督作。結構楽しいけどラストで台無し('A`)