読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はい、ねてました。|映画感想ブログ

ねてたのけっこう映画みる生活

最近の記事一覧

夢に向かう道はひとつじゃない『モンスターズ・ユニバーシティ』感想

f:id:netetaa:20130725181831j:plain:w400

作品紹介(映画.comより) ピクサー・アニメーションの人気作「モンスターズ・インク」(2001)の12年ぶりとなるシリーズ第2作。学生時代のサリーとマイクがいかにして出会い、怖がらせ屋のコンビを結成することになったのかを描く。幼い頃から怖がらせ屋になることを夢見ていたマイクは、努力の果てに難関を突破し、モンスターズ・ユニバーシティ怖がらせ学部に入学。しかし、怖がらせ屋になるには、見た目がかわいすぎるという致命的な欠点に悩まされる日々を送る。そんなある時、マイクは、名家の出身で怖がらせの才能にあふれたサリーと出会う。マイクはサリーをライバル視するが、自信に充ち溢れたサリーはマイクを見向きもしない。夢をあきらめないマイクは、「最恐の怖がらせ屋」を決める怖がらせ大会に出場するが……。

ピクサーだいすきモンスターズ・インクだいすきの自分としては制作が発表されてから待ちに待った一作ですので、最近のピクサー作品の不調ぶりを気にしないようにしてさっそく行ってきましたよ!前作の『モンスターズ・インク』の感想はこちら(だいすきとか言ったけど意外と褒めてなかった…)



f:id:netetaa:20130725182128j:plain:w400
前作はとにかくブーがかわいいんです!



結論から言うと、すっごくおもしろかったですよ!ピクサー見直したΣd(´∀`)



映画はマイクの少年時代から始まるんですけど、まずこのマイクの造形が反則的にかわいい!造形だけじゃなく、声とかしぐさとかもうかわい過ぎる!このかわいい少年マイクが身体もちっちゃくてどう考えても不利な『怖がらせ屋』になることを夢見るようになるくだりは、すでにその先の挫折を予感させていて、この時点でもう涙腺が緩みっぱなしでした(ノω;`)




f:id:netetaa:20130725182450j:plain:w400
今回はマイクが主役!マイクびいきなのでうれしい(*´д`*)




そして時は経ち、マイクは怖がらせ学部のあるモンスターズ・ユニバーシティに入学し、サリーと出会うことになるんですが、この大学時代のサリーの性格がすげー悪い!親の七光りの上、恵まれた体格も手伝って何不自由無い生活をエンジョイしてきた感が満載で、リア充爆発しろ!努力家で勉強家のマイクとは対照的です。『モンスターズ・インク』でのサリーも自身家だったり勝手なところはあるけどこんな嫌な奴じゃないので、サリーも丸くなったんだなーと感慨深いものがあります。



f:id:netetaa:20130725182609j:plain:w400
(`皿´)<やな奴!やな奴!やな奴!



そんな感じなので、前作では名コンビだったマイクとサリーも最初は仲良しどころかお互いのことを憎々しく思ってるくらいのレベルなんですけど、2人が同じように怖がらせ学部追放の危機に陥ったことで、その状況を打開するために弱小クラブに加入して"怖がらせ大会"で共に闘いトップを目指すことになるわけです。この展開で面白くならないわけがないですよね。アツい!('∀`)



f:id:netetaa:20130727112800j:plain:w400
共同生活が始まる!



そしてこの弱小クラブ「ウーズマ・カッパ」の面々もすごくいいですね。もっちりもちもち肌でかわいいスクイシー、セールスマンから大学生になった気のいいおじさんドン・カールトン、ひとりコンビ漫才のペリー兄弟、なんだこいつΣ('A`)なアート、とバラエティに富んでいて観てて飽きないです。



f:id:netetaa:20130727104626j:plain:w400
左からアート、スクイシー、ドン・カールトン、ペリー兄弟。お気に入りはアートです。なんだこいつΣ('A`)



キャラクターでいうと、怖がらせ大会の司会をやってたクレア・ウィーラーちゃんは気だるい感じが個人的にすごく好みでして(*ノノ) 学生時代に先輩でいたら完全に恋してただろうなと思います(不必要な情報)



f:id:netetaa:20130727113739j:plain:w400
左がクレアちゃん。絶妙なかわいさ!ピクサーわかってるゥ!



クライマックスのネタばれはできるだけ避けますが、サリーの「だって友達じゃなかったし…」という言葉を経た上で、お互いのことを認め合い本当の友達になった2人が、一緒に夢に向かって歩んでいく姿には目頭が熱くなりましたよ(ノω;`)



f:id:netetaa:20130727110107j:plain:w400
ここからまた2人の物語は動き出す…!



あと細かい部分では前作ファンへのごぼうびが随所に用意されているところは素直にうれしかったり。特にマイクが指導する特訓内容が前作まんまだったり、マイクの学生証の写真がちゃんと写ってなかったりするところには笑いました( *´艸`)



f:id:netetaa:20130727105825j:plain:w400
また写ってないじゃん(・ε・`*)



映像面ではもうピクサーさんはさすが過ぎて言うことがないんですが、特に挙げると学園長のデザインとスクイシーのぷにぷに感の表現はすごいなーと。それに同時上映の短編『ブルー・アンブレラ』の実写風CGも圧巻でしたね。雨に濡れる表現もここまで来たのか…Σ('A`)とため息がでました。



f:id:netetaa:20130726185020j:plain:w400
パンフレットによるとムカデを参考にしたという校長。こぇーヽ( ;´Д`)ノ



f:id:netetaa:20130726185721j:plain:w400
本編上映前に流れる短編『ブルー・アンブレラ』。クオリティ高すぎ。



というわけで、お話的にもクオリティ的にも何の文句もない続編でしたよ。それに今作を観たことで前作もこれまで以上に思い入れて観れるんじゃないかなーと思いますね!おすすめd(ゝ∀・*)





モンスターズ・インク [Blu-ray]

モンスターズ・インク [Blu-ray]


言わずと知れた傑作。
泣きます・゚・(ノД`)・゚・